【雑誌】『山と渓谷』 今年1000号超える 日本の登山文化支え続けた88年 “山ガール”も牽引

1 :ニライカナイφ ★:2018/10/21(日) 06:01:24.94 ID:CAP_USER9.net
昭和5年創刊と国内の山岳雑誌で最も長い歴史を誇る「山と渓谷」(山と渓谷社)が今年、1千号を迎え、順調に発行を続けている。
戦時下の休刊を乗り越え復刊し、中高年層や“山ガール”と呼ばれる若い女性らの登山ブームを牽(けん)引(いん)。

出版不況の中でも固定読者をがっちり押さえ、日本の登山文化を支えた。
88年の歩みは近代の日本登山史そのものだ。

■初の商業山岳雑誌

戦前から戦後、現在に至る国内登山事情や歴史を網羅した8月の1千号。
幼少期から山に親しむ皇太子さまが、富士山や穂高岳などを撮影された写真を掲載したのをはじめ、立山や剣岳など全国の登山ルート100選を紹介した。

同誌は、信仰の対象だった山に遊びとスポーツ登山の概念がもたらされ、活発化した昭和初期、早稲田大山岳部出身の川崎吉蔵により創刊。
「これまでの同人誌的な雑誌と違う、商業ベースにのった本格的な山岳雑誌」と山本聡編集長。
スキーなど大衆を意識した作りで支持を集めた。

31年、日本のネパール・マナスル初登頂で到来した戦後空前の登山ブーム期には、環境破壊や遭難事故への警鐘を鳴らし存在感を発揮。
40年代には、植村直己や田部井淳子らスター登山家を紹介し、最近は、ファッショナブルな女性登山者やパワースポット巡りなどの観点から、新たな流行の現象を分析している。

■大衆路線と広告重視

戦前から戦後にかけ、「山小屋」「新ハイキング」「山」「ケルン」など多くの山岳雑誌が、創刊されては消えていった。
現在、本格的な山岳雑誌として、他に22年刊行の「岳人」があるが、「山と渓谷」が最長寿。
理由について、登山史研究家の布川欣一は「編集の大衆路線と、広告重視」とみる。

大衆をつかむことこそ雑誌の使命と考えた創業者の川崎は、大学山岳部などの高峰を目指すアルピニズムもしっかりと押さえながら、近郊の低山やスキーを楽しむ大衆登山者を対象読者とした。
広告も重視し低価格化を実現、より大衆に受け入れられていったという。

登山史に残るムーブメントも作った。
作家、深田久弥の紀行「日本百名山」をもとにした山岳番組をNHKと共同制作、平成6年から放送されると中高年登山者が爆発的に増えた。
同誌も大きく部数をのばした。

■文芸作品も開花

同誌から生まれた文学作品もある。
昭和39〜43年連載の新田次郎の「孤高の人」は山岳小説の傑作だ。
著作家の田中澄江、作家の椎名誠、シンガー・ソングライターのみなみらんぼうらが、連載の執筆者として登場した。

「文学や芸術、地理・地学、自然科学など、山での多彩な活動もすべて編集対象」と山本編集長。
「頂上をただ目指すのではなく、登山口から山頂までの山村や森林、渓谷の美しさを味わう『山旅』の魅力を今後も伝え続けたい」と話す


https://www.sankei.com/west/news/181020/wst1810200022-n1.html

133 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 16:39:45.70 ID:Km6t7PVc0.net

山登りは高齢者だらけ

97 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 13:33:38.86 ID:G8ZF11kj0.net

田部井さんとか、全身ガンの末期でも
富士に義務感で上がり、NHKの軍団やいろんな組織のガイドしてた
途中で1人だけ遅れたが、頂上に上がった
放送の数か月後に死んだ、それが山だよ

54 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 08:15:07.36 ID:XrxwWSBq0.net

>>10
最近の岳人はモンベルの広告塔となってて辟易しないの?
やっぱ男はモンベルって感じすか?w

109 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 14:35:24.78 ID:mRg9VlVm0.net

>>54
スマンな俺が岳人読んでたのは30年前だから
沢登りとか冬の雪稜登坂の記録で世話になったわ
もう廃刊したと思ってたがまだあるんだな・・

16 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 06:29:27.56 ID:impFASF70.net

負の部分もあるぞ
気軽に山登りして遭難して周りにおお迷惑

66 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 09:12:37.65 ID:NTsULos30.net

107 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 14:32:47.00 ID:V4lxOGUX0.net

山渓joyの登頂記念写真特集から数少ない可愛い子を探すのにハマってた時期があったわw

136 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 17:21:34.07 ID:6y5+ZiC20.net

小1でカブに入り小2でビーパル創刊シェルパ斉藤のカヌーに参加、
そんなワイですら山と渓谷は図書館でしか見れなかった 震えたでー

145 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 22:50:07.03 ID:7Q7mGzwj0.net

山は元々女人禁制だろ?
山の神様は女だから
女が登ってきたら怒るよ。

18 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 06:33:18.47 ID:9v6vkoD20.net

ヤマケイレイルシリーズ
再販よろしく

139 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 19:32:46.57 ID:nZxDjjT60.net

>>山と渓谷社
ポケットサイズの観光案内書「たびんぐ」のお世話になっておりました(^0^)   

29 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 07:11:59.86 ID:ZiuEtlH70.net

欲を言えば山中で暮らしたいね

90 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 13:16:25.70 ID:sbkzyclU0.net

山渓は廃刊になったのじゃなかったのか?
ビーパル創刊の時に月刊フッシングと一緒に購読してた

121 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 15:36:23.75 ID:JBtrhtDR0.net

山と渓谷社のワンゲルの雑誌ってまだ休刊になってないんだな
今年最大の驚き

150 :名無しさん@1周年:2018/10/22(月) 14:06:40.33 ID:YIvEvdKo0.net

>>149
ここでじゃないw
モンベルだw

106 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 14:32:10.63 ID:1l3dqjev0.net

山なんて絶対新しいの増えないのに
よくネタ切れにならないなあ〜?

95 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 13:29:54.59 ID:gtMWjZ/d0.net

山と渓谷はいい雑誌だと思う
忙しくて登山も出来なくなったけど、山渓を読むと山の空気を感じることが出来る

77 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 11:31:54.33 ID:Ru3+brQW0.net

山小屋でやられちゃうガール

72 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 10:55:06.93 ID:GObJRz//0.net

月刊オートバイは大正12年創刊(今年で95周年)なので山と渓谷より歴史が長い。
これマメな。

80 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 12:15:31.56 ID:hR/xmgEf0.net

社会人山岳会での評判
真面目に山に登る人が見る雑誌「岳人」
里山にもタマに行くけどねという人が見る雑誌「山と渓谷」
平地キャンパーとグッズオタク「ビーパル」
マジで山にハマって登る人は雑誌なんて買わない

94 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 13:27:13.18 ID:PyvWVbPT0.net

音と砲台

12 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 06:19:20.60 ID:HkQDJ2IT0.net

佐瀬稔が森田勝とハセツネについて書いた本かな。「狼は帰らず」「虚空の登攀者」。

55 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 08:15:37.75 ID:EkpHjyym0.net

モンベルおじさん

60 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 08:41:28.37 ID:heRyoUBP0.net

なんで8月号の話題が今になってスレになってんだ?w

98 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 13:35:00.60 ID:u04lE4IJ0.net

山ガールとか流行りだしてから
山行かなくなったな
今はそろそろ落ち着いてきたのかな?
ファッションバカ女は邪魔なだけなんだよ

89 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 13:13:44.38 ID:UmO7Xncy0.net

旅と歴史

123 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 15:38:56.67 ID:mRg9VlVm0.net

ゴアテックスとハイパロンの間に中間的な価格の素材があったが名前忘れた
あの頃は雨具の素材で貧富の差がはっきり表れていた

9 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 06:15:54.63 ID:9IaNT1bk0.net

ご苦労様です

53 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 08:10:42.62 ID:KLwAhpD60.net

>>32
見える風景とか難易度が全く違うのでね

52 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 08:04:09.75 ID:o+XWt2bp0.net

>>51
保守で山を登るには山伏にでもなるしかないからな

125 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 15:44:38.46 ID:6OCXyBlj0.net

>>123
エントラント?
なんか最新のテントに使われるらしいけど

どうでもいいけどGPS関係の記事はレベル低すぎな山と渓谷

142 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 21:14:41.72 ID:55GdflPi0.net

>>141
ボイン山は無いけど、2つの頂上がオッパイのような双耳峰で、通称「おっぱい山」、「乳房山」とか呼ばれてる山は各地にある
ワレメ谷は無いけど、笠ヶ岳には穴毛谷という谷はある。由来はもちろん女性の割れ目に似てるから

48 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 07:57:20.34 ID:UseEmSGZ0.net

これから谷川岳!

晴れた!楽しみ!

137 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 18:00:19.26 ID:tUklFq6D0.net

ヤマケイといえばこれかな
http://yaranaika.xsrv.jp/yjm/summer.html

2 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 06:01:54.80 ID:Q1+nh+cL0.net

登山するやつは人間のクズ

120 :反安保・非戦派 :2018/10/21(日) 15:36:07.02 ID:5/cwCNR50.net

ゴアテックス!

129 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 15:59:41.49 ID:7gmcIedu0.net

ミユキテックスは違うと思う

105 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 14:30:32.10 ID:v5Mkr6vT0.net

♪やーまーとー けいこくー

132 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 16:39:33.04 ID:De4CSWXq0.net

行きたいんだけどすれ違う時に挨拶するのが面倒で最近行ってないな
誰が決めたんだよあの習慣

64 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 09:03:25.07 ID:E7e048AS0.net

岳人がモンベルの宣伝紙になってから
雑誌としてツールの紹介記事が使い物にならなくなって
山渓一択になっちまった

39 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 07:33:40.09 ID:8ZvGw4fo0.net

山姥を増やした罪は重い

47 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 07:54:32.87 ID:zy3MYeR10.net

冬山登山及び高齢者の登山禁止にしたらどうですか?
救助する人員無駄かつ命の危険に晒してる

122 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 15:37:08.08 ID:qvTFycuW0.net

パンパカ本

110 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 14:36:45.57 ID:mRg9VlVm0.net

>>36
孤高の人は高校の頃に読んだ
影響受けてあの頃は単独行が多かった
禁止されてたけど

88 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 13:12:15.61 ID:MUMXkyfD0.net

公務員の人気雑誌やん

108 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 14:33:55.94 ID:p+1OKaN60.net

登山する奴にろくな奴はいない。あいつらは山を汚すクズ

158 :名無しさん@1周年:2018/10/22(月) 15:54:49.03 ID:v4qJTsNE0.net

>>82
エキスパートはニッピンのロープやろ!

141 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 20:41:43.89 ID:vC/ic5+a0.net

ボイン山とワレメ谷

154 :名無しさん@1周年:2018/10/22(月) 15:35:39.14 ID:4aRIbNxA0.net

Kindle Unlimitedで読み放題の「山と渓谷」
中々迫力のある雑誌だ

135 :名無しさん@1周年:2018/10/21(日) 16:44:43.92 ID:U9Xc6jK90.net

やーまーとけいこくー♪
まだラジオCMやってんの?

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

Sponsored Link

最近のコメント

コメントはまだありません
ページTOPへ↑