【戦争】講和のため日本人1400万人を特攻で死なせると大西瀧治郎は言った

1 :樽悶 ★:2019/06/28(金) 16:49:02.45 ID:18jY789b9.net
大西瀧治郎(C)共同通信社

 先に述べたように、2大汚点のひとつである「特攻は全員が志願した」との言い方は、特攻を生み出した責任が隊員個人に転嫁されることを意味する。同時に隊員は「救国の英雄」呼ばわりされていく。国を挙げてのこの称賛は戦時下の日本社会がいかに歪んでいたかを我々に教えてくれる。

 昭和20年4月以後、沖縄を目ざす特攻は比島決戦のときに比べると著しく命中率が落ちた。学徒出身の搭乗員の技術が大幅にダウンしてしまったからだ。沖縄戦は天一号作戦といわれたが、4月、5月は「まるで特攻隊員の屍を積む」といわれるほど出撃が相次いだ。

 なぜ命を粗末にする作戦が続いたのであろうか。私はあえて2点を指摘しておきたい。特攻作戦は本土決戦を意識していたというのが第1。第2は国民を戦争による死に慣れさせるためだった。

 本土決戦、そして一億総特攻に慣れさせるには、連日のように特攻隊の死を国民に伝える必要があったのだ。大西瀧治郎(写真)が第1航空艦隊司令長官のポストから東京に戻り、軍令部の次長に就任したのも本土決戦に備えてのことだっただろう。その大西にある新聞記者が、「このような血染めの作戦を進めて、戦争にめどはあるのか」と尋ねている。大西はこう答えた。

「本土決戦で日本人の5分の1が戦死する。そうするとアメリカも講和を言い出すであろう。そのときまで続けるんだ」

 つまり日本列島を血染めにしてしまうわけだ。当時の日本の人口は7000万人とされていたから、1400万人が特攻死することになる。そうなったらアメリカも講和を求めてくるだろうというのであった。

 大西は、講和になれば日本が勝ったことにはならないが、負けたことにもならないと豪語したという。実は大西に限らず、本土決戦派はいずれもこのような妄想にとりつかれていた。アメリカ軍の上陸地点に穴を掘って火薬を詰めたリュックを背負って隠れ、戦車が上陸してくるとリュックに火をつけて戦車にぶつかっていく。少年たちがそうして死んでいく。想像するだに身の毛がよだつ「一億総特攻」であった。

2019/06/27 17:00
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/257084

400 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:01:35.97 ID:JbruKDDP0.net

日ソ中立条約結んだ松岡洋右は真っ先に北進論に転向し
南部仏印進駐はアメリカと戦争になるから絶対やめろと主張したが外交から外された

307 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:48:34.52 ID:oRsKo/aq0.net

>>197
独軍は敗北しつつも残存古参兵を元に再編していたから部隊としては最期まで戦い慣れしていた戦力があった

日本軍はいちいち玉砕全滅するから毎回初陣なんだよ
本土決戦兵力などほとんど戦ったことのない新兵と老兵

もっとも戦闘慣れしていて装備も優秀な最大戦力の支那派遣軍破100万はただの遊軍と化していた

624 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:34:34.45 ID:lctJkaxd0.net

 

ウヨ保守 = 日本人を殺したい人達

w

733 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:52:46.73 ID:8fl/iWy80.net

日本人に近代戦なぞ出来ない
非武装がお似合いだよ

265 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:43:41.46 ID:mA/7qeqj0.net

>>231
私も結局その結論に至っている
虐殺のための戦争
中国での三光作戦やその一部でもある南京大虐殺は虐殺が目的
捕虜を皆殺しにせよとの命令が下っている
日本軍の恐怖をアジア全土に知らしめるためだったらしい
本当に日本はキチガイ

995 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 19:27:04.27 ID:V7Ni+/j10.net

>>791
米国映画中で、ドイツ軍の米英の捕虜に対する扱いは
かなり自由で気楽な感じだけど

82 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:14:21.97 ID:SAzuPQZi0.net

>>20
でも、大西は「日本人を2000万人特攻させればポツダム宣言受け入れは回避できる!」と東郷外相に迫ったクズだぜ。

206 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:34:16.55 ID:AO4UbqaO0.net

>>199
だから?安倍のケツナメ夕刊フジより信用できるな

934 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 19:19:37.82 ID:pu/ZR7pd0.net

>>876
と言うか米英は半ば日和見だよ。
だからスターリンは激怒していたし朝鮮戦争で
米国に消耗戦を強いようとした。
問題はルーズベルトでこの男は手段は選ばない。
国内の人事でもそう。

777 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:58:49.35 ID:UDWbNoew0.net

>>550
”回天は外からハッチを閉められたが最後、二度と出られないから特攻して死ぬしかない”みたいな話になってるけど、実際は違うらしいよ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
歪曲された番組

 その疑問とは、テレビ番組で、“「回天」のハッチは外から閉める。よって閉められたら泣いても叫んでも開けてもらえない”というように強調しているのを見たことがあったからだ。
 これについて、小灘さんは、
《それは、まったく事実に反する説明なのです。「回天」の、上下二か所のハッチのハンドルは内側にだけついていて外側にはないのです。いま片岡さんのいわれたような番組は、私の知る限りでは昭和五十九年(一九八四)からのように思います。
「回天」事故でこのハッチから乗組員が脱出したケースを私は何度か知っています。私がテレビ関係者に説明したのは平成十年のことです》という。
「回天」のなかへ善玉人間が閉じ込められる、というような悲劇性強調番組やドラマは数多い。このハッチの件も、番組担当者は知っていたが、まっとうでは番組は面白くない、と考えてわざと真相を曲げて制作したのかもしれない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
http://www2s.biglobe.ne.jp/‾k_yasuto/5_shougen/konada/kataoka.htm

175 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:29:19.23 ID:d+AZUNTz0.net

もし逃げたら軍が即座に家族に嫌がらせで村八分自殺者も出てる
何が愛国じゃ家族守るために志願するしかないだろアホウヨ

748 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:55:19.13 ID:4JUHyqN60.net

>>697
特攻直後に軍令部が視察した報告(伊藤整一、山本親雄、源田実の共同)も特攻戦術に懐疑的というもの
この報告直後に三人とも異動が決定

313 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:49:03.25 ID:jThJ3xnR0.net

>>277
戦艦も飛行機も太平洋で動かさないんだから
石油は備蓄で足りる。

つうか自動車運送なんか1940年代はしてねーんだよボケ
2019年の「石油ガー」発想で石炭だらけの戦前を語るな。

812 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 19:03:40.07 ID:3W/qrfDr0.net

>>792
それは今だから言える 当時は女子供もやる気マンマンだよ

251 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:41:51.51 ID:hvROX+Tu0.net

>>250
嘘つき

915 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 19:17:49.41 ID:xXs3+UgW0.net

>>909
ナチズムさえなければ4国同盟で上手く行ったのに

567 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:27:19.78 ID:XShcxSVp0.net

戦前あたりの日本の評価は科学を持った野蛮人などともいったとかいうからそれこそ
西部劇の中のインディアンが科学兵器を持ったようなもので次々と騎兵隊に打倒されていく日本人だっただろうしな

739 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:53:28.15 ID:lctJkaxd0.net

なぜ

憲法9条が必要か?
  

日本で軍やウヨクに力を持たせると

天皇の言うことにも従わず、
政府にも従わず勝手に戦争拡大、
青年将校とやらがメディアを襲撃し 、
民衆には軍部が横暴な振る舞いをし、
言論統制思想弾圧し、

やたら無謀な戦争して、日本人を大勢死なせ
国を破滅させる

ということが70年以上前にわかったので
 
憲法9条なんですよ 

しかもそんな戦前戦中軍部を肯定して拝んでる連中が

  憲法9条変えろと言ってるから

750 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:55:50.84 ID:nUnx5wHR0.net

>>717
中国ので撤収は陸軍の面子でどうにもならなきい。回避の為の条件の一つなのに最低でも20年いや30年いやそもそもそれでは戦死したいっとものに顔向けができん!と、話にならなかった

342 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:53:36.97 ID:gexvaREo0.net

ネトウヨはいつになったら竹島に特攻するんだよ。。。

905 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 19:16:05.52 ID:K4q6af1r0.net

>>887
過労死する人は責任感が強すぎるんだよ
なんだ金のためにペコペコするってお前を基準に語るな

921 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 19:18:36.51 ID:JDv7uhJc0.net

本土決戦をやるべきだったろうけどな。
俺もおまえらも生まれてこなかったろうけど、総力戦で最後の一人まで抗戦してもよかった。

145 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:24:16.40 ID:XKyD0x0h0.net

日本て戦争ド下手なんだからさっさと白旗上げればよかったのに
安全なところから若者に死ねって命令するとか今の日本とあんま変わらんけど
日本人て気の狂った民族だよなぁ

115 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:19:50.37 ID:vTAmm0fw0.net

>>92
その徳川に負けても領土を削られなかったのが薩摩

関ヶ原の退き口の特攻からの交渉が利いたのかもしれない

448 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:08:35.67 ID:PsHBCb0M0.net

>>410
まあ、それと同じようなことをソ連もやらかしてるんだけどね。

ドイツとの中立条約あるから大丈夫!

ドイツは危険だから備えてください!と言っていた人たちをスターリンは粛清。

バルバロッサ作戦発動

820 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 19:04:55.19 ID:nUnx5wHR0.net

>>793
アメリカの植民地状態の今の日本をどう思う?

188 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:31:50.83 ID:u8q7CO5K0.net

>>168
第二次大戦があまりにすさまじくて、欧米全土が焼跡だろ。
国力低下によって植民地統治ができなくなったんだよ。
だから、世界では、特に中東や東南アジアでは植民地から解放されてのは、日本のおかげだと考えてる国が多い。

728 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:51:46.10 ID:nYCImeS30.net

陶酔とかもあったんじゃねえの?
もちろん体は逃げられないから心の逃避として

414 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:03:19.79 ID:Q1crL+2L0.net

>>390
竹槍に爆弾つめたのをもって米兵に突進

410 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:02:43.26 ID:xXs3+UgW0.net

>>392
中立条約があったからだろうな
それで本気で仲介してくれると思う日本人お得意の希望的観測だよ

161 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:26:22.20 ID:XKyD0x0h0.net

面子や希望敵推論で作戦立てて失敗しても
意義はあったとか言って責任取らないんだから
戦争する賢さがないんだよな日本人には

943 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 19:21:04.63 ID:qowVfg6v0.net

いかに上級がくそかくぐらいは理解しないとおかしいわな。
のうのうと生き残ってんだから。

371 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:57:04.15 ID:z6NuPN2s0.net

>>329
開戦前も開戦後も、アメリカの強硬態度に対する予測が甘いんだよな
南部仏印進駐してもアメリカは介入してこない→石油禁輸
真珠湾攻撃→リメンバーパールハーバー
勢力圏維持したまま講和→無条件降伏要求(のちにポツダム宣言)

308 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:48:36.69 ID:Q1crL+2L0.net

>>278
食い物がなくなれば、何百万なんて軽く死ぬし

590 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:29:57.72 ID:KO1T2N/T0.net

>>499
アホか。
コイツといい宇垣纏といい、安っぽい感傷で自己満足の死を遂げただけ。
宇垣に至っては巻き添えも伴うという悪質さがあるが。

37 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:03:14.18 ID:sE3bklxD0.net

戦争前→アメリカ兵は脆弱で勝っていけば講和するだろう
戦争中→一撃ガツンとやれたら有利に講和するだろう
敗戦前→日本の人口が減れば講和するだろう

頭おかしい(´・ω・`)

687 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:45:20.33 ID:SAzuPQZi0.net

>>669
単にマッカーサーが、陸軍の「洗脳」を解いただけなんだよなあ。
現実の前には陸軍の宣伝は無力。
「鬼畜米英」「無敵皇軍」今時だれが信じるんだ?

714 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:50:01.09 ID:xXs3+UgW0.net

>>685
それ嘘やろw
実際は真珠湾攻撃した時どや顔で「勝ったな」とか言ってたそうだし

769 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:57:56.18 ID:YJzx5BjY0.net

>>744
だから捕虜の数が膨大で医療品も食糧も足りないんだって…
それに収容所作るって言ったって資材と労働力が必要なわけで、それはどこから持ってくんの?
というか収容所なんて作ってる間に捕虜は病死と餓死すると思うんだが?

290 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:45:58.35 ID:WKJZTF/h0.net

明治開始と共に大陸侵略だもんな
そりゃ滅びるわ

521 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:20:09.84 ID:MMClcdiy0.net

>>462
戦争に行っていない戦前昭和10年代あたり生まれの世代が言ってた
アメリカ軍は強くて金持ちで優しい
日本軍は弱くて貧乏で威張ってた
って

227 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:37:36.86 ID:JnyrcanS0.net

これだけ犠牲者という打算は、トランブの例と同じ。
数の閾値が、当時の状況からトンデモじゃねぇか?

556 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:25:52.71 ID:xfVE71WZ0.net

>>521
ベトナム戦争で米軍がなにをしたかしらないのか?
民間人虐殺やりまくったんだぞ。

40 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:03:44.02 ID:SrP3AJG50.net

>>34
人に特攻させといて

のうのうと生きたクズがメンツw

10 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 16:53:36.92 ID:bRAYJiTo0.net

今も騙された愚民が特攻中のクズキムチアキヒト国家ニッポン(爆笑)

458 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:09:56.41 ID:PsHBCb0M0.net

>>376
当時は今みたいにシベリアに資源があるなんてことは誰も知らなかった。

177 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:29:36.90 ID:XW1o13lS0.net

>>162
無駄だって。米軍が九州から本州に登ってくる頃にはまともな組織抵抗ができなくなって血みどろのゲリラ戦になる
米兵も死ぬだろうけど日本の民間人が数倍死ぬことになる

713 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 18:49:26.18 ID:SKTZo0yM0.net

鬼畜は日本人でしたというオチ

30 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 17:00:52.65 ID:xI2K4kG30.net

だからナニ?

19 :名無しさん@1周年:2019/06/28(金) 16:58:37.06 ID:sCcKkirM0.net

ベトナム

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

Sponsored Link

最近のコメント

コメントはまだありません
ページTOPへ↑