【文芸】芥川賞候補「美しい顔」に講談社「盗用や剽窃などには一切あたりません」 ネットで全文公開へ

1 :サイカイへのショートカット ★:2018/07/04(水) 02:29:01.29 ID:CAP_USER9.net
芥川賞候補「美しい顔」に講談社「盗用や剽窃などには一切あたりません」 ネットで全文公開へ
7/3(火) 18:51配信 ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1807/03/news107.html
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000079-it_nlab-sci

『美しい顔』が掲載された『群像』6月号


第159回芥川龍之介賞の候補となっている「美しい顔」(北条裕子氏著)に、他作品と類似した点があると報道されていることをめぐり、講談社は7月3日、「盗用や剽窃(ひょうせつ)などには一切あたりません」とするコメントを発表しました。あわせて同作品の全文を無料でWebサイトに公開することも明らかにしています。

同作品は東日本大震災の被災地を被災した女子高生の視点で描いた短編で、講談社『群像』6月号に掲載。第61回群像新人文学賞の当選作に選ばれています。同作に新潮社の石井光太氏著『遺体 震災、津波の果てに』との類似点があることが講談社の調査で判明し、石井氏および新潮社と協議を行ってきたと説明しています。

講談社は、「美しい顔」で描かれた震災直後の被災地の様子は、『遺体 震災、津波の果てに』に大きな示唆を受けたものとし、編集部の過失により同作を参考文献として『群像』6月号に掲載していなかったとして謝罪。同誌8月号において、謝罪文とともに主要参考文献を記載するとしています。

『群像』8月号に掲載の告知

その一方で、今回の問題は「参考文献の未表示、および本作中の被災地の描写における一部の記述の類似に限定されると考えております。その類似は作品の根幹にかかわるものではなく、著作権法にかかわる盗用や剽窃などには一切あたりません」との見解も示しています。

一部報道により「美しい顔」と著者に対する中傷がインターネットなどで散見されるとし、「不当な扱いによって、本作と著者およびそのご家族、新人文学賞選考にあたった多くの関係者の名誉が著しく傷つけられた」と憤りを表し、厳重に抗議すると述べています。

また「甚大なダメージを受けた著者の尊厳を守るため、また小説『美しい顔』の評価を広く読者と社会に問うため」として、近日中に同作を講談社Webサイトで全文無料公開するとしています。

307 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 12:45:32.12 ID:nXspw2xf0.net

どこの界隈でも佐野量産されてんな

97 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 06:53:05.99 ID:FRH/1zV20.net

>>95
引用じゃなくて流用
引用符で括らずにあたかも自分で考えた表現であるかのようにやっちゃってる

177 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 09:13:49.20 ID:wvvzJ5/J0.net

>>14
ダメだこれはwwwwwwww

334 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 15:05:42.98 ID:OkEuGMO40.net

作品の良い面を見つけられなくて、些末な粗探しに終始してるだけのレスに価値はない。
だから、問題にされない。
北条は力量的に、2−30年に一人出るどうかのクラスだから大事にした方が良い。

465 :名無しさん@恐縮です:2018/07/06(金) 14:24:08.24 ID:HNFY6txU0.net

ノンフィクション作品から所々パクったわけじゃなく
すべてがパクり
この作品に何かを感じるなら
それは被災者の手記をパクってるわけだから当たり前

269 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 09:22:25.19 ID:5Q7I8Xgg0.net

結局引用はしていたってこと?

243 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 05:55:03.67 ID:Z9HIhUdR0.net

出来レース作品だから今更後に引けんのだろう

78 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 05:42:05.83 ID:afjltKVt0.net

容姿しか取り柄がない被災地行った事ない作家が
他人の文章パクって金儲けって水嶋ヒロよりブラックだろ

156 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 08:37:55.44 ID:t0Kf0KEK0.net

村上春樹なんて全著作パクリだからな

394 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 21:14:04.96 ID:PNyhH9rC0.net

読むとねマスコミ批判なんだよね。
だから、盗作騒動もこの小説の手のひらの中なのかも。

136 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 08:07:00.24 ID:p68P1yoJ0.net

引用したと小さい字で入れればいいのに何でやらないの
引用したんだからダメだろ

301 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 12:36:32.11 ID:ysFvXmcb0.net

>遺体をミノムシに表現するなんか

現場ではそう形容するのが普通とかなんではw

27 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 03:42:00.72 ID:+ocdFx3P0.net

>>14
病んでる感じは物書きらしいな
次は盗作せざるを得なかった病み心理を描いた作品頼むわ

128 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 07:51:08.14 ID:+jW1Q1WL0.net

>>122
これこそ食い物にしたということ

36 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 04:02:42.64 ID:PlAo1zhD0.net

>>16
文藝春秋さん「候補作を選考しました日本文学振興会は弊社内にございますので無理です。」

453 :名無しさん@恐縮です:2018/07/06(金) 11:58:28.16 ID:lKezTjlr0.net

>>450
出版社の連中はみんなこの手のシナリオを思い描いてるよ
だからある意味チキンレース状態に陥ってる
あんまり露骨にやると世間の反感を買うだけだし
曲がりなりにもブンガクに携わる人間としてのプライドが許さない
だからギリギリの線を狙ってそれとなくやる
今回のは失敗のパターン

134 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 08:03:19.25 ID:8sC3GZxX0.net

無料公開ってことはもう単行本化を諦めたってことか。印税を期待してた作者は
大打撃だな。

まあ、もっとも次の仕事はこないし作家生命は終わったようなもんだろうけど。

410 :名無しさん@恐縮です:2018/07/06(金) 03:40:46.93 ID:2z1H/jTp0.net

>>117
鋭いね。おっしゃるとおりだわ。

94 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 06:31:27.28 ID:hTgqihOa0.net

芥川賞候補作を全部読む人って、仕事でこれに関わって
経費で本の購入費を落とせる人くらいしかいない気がする

80 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 05:49:13.07 ID:f/aFvdVI0.net

芥川賞も直木賞もボクシングのチャンピオンみたいなもんで只の販促の賞みたいになってるんだろ?
誰が取ろうとどうでもいいだろ。本当に素晴らしいものなら勝手に売れるだろうし

185 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 11:10:57.84 ID:bnnsDXYK0.net

パクリ元の文章そのまま流用してて「盗用や剽窃などには一切あたらない」って講談社の中の人は中国人なの?

475 :名無しさん@恐縮です:2018/07/06(金) 15:27:09.49 ID:T/GXvC010.net

>>473
それパクられた被災者の前で言えんの?って誰も言わなかったのかね
そのおっさんたちは被災地に行ったことあるんかな
東京暮らしで東京が日本の中心で東京ローカルニュースが日本の全てで
地方の存在にすら気づきもしない東京民だとそんなもんなのか?

379 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 20:04:01.37 ID:0XZcWGMU0.net

>>365
なー

カメラマンに呪い吐いてる下りとか、津波のときの描写上手いわ

41 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 04:18:58.39 ID:NXZNhe520.net

>>40
出来レースをぶち壊されたから講談社が逆ギレしたのか

264 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 09:14:01.03 ID:ORO1sZ310.net

作評にまるでノンフィクションのような描写という点があるのは笑うところだったわけだw
そりゃノンフィクションから描写盗用してるんだからなw

247 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 06:58:27.89 ID:13f3dePm0.net

>>244
もう載ってるんだけど。

139 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 08:08:42.95 ID:pTy3aNa00.net

窃盗犯が開き直りかよw 講談社。コンテンツ産業をやってる
企業が「パクリ」「無断転載、無断利用」を認めるとか頭
いかれてんのか?

それで「漫画村」のようなサイトが出てきた時、止めろとか
閉めろとか遮断しろって言ったら笑われるだろw

作家を守るため、出版社の権利を守るために著作権法がある。
盗用や無断使用を禁じるのは消費者のためではない。

本来は新しい才能、盗作ではなく「自分で書こうとする」若い
世代、その努力やこれからを守るためのもんだ。

北条裕子(32) ← のような模倣犯や窃盗犯、講談社のために
ある法律ではない。恥を知れよ恥を。

本が売れないって当たり前だろw 講談社が窃盗を推奨してる。
真面目に書いてる連中がアホらしくなって辞めるわ。だから
ブログやSNS、ネットのなろう系にばかり人気が集中する。

10 :サイカイへのショートカット ★:2018/07/04(水) 02:54:57.97 ID:CAP_USER9.net

>>1
>>9
画像リンク訂正いたします。

59 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 05:10:38.20 ID:fDooiT1S0.net

>>58
別人>>10
間違えられてかわいそうに

385 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 20:50:01.21 ID:GW+hYzy00.net

被災者でもなく被災地に行ったこともない作者がここまで被災地や被害状況の描写ができるのが凄いってのが売りの一つだったしねー
まさにこの点を絶賛して作者を天才とまで言ってた人たちもいたわけで
被災地に何度も通い被災者と話をした人たちの努力の結晶をつぎはぎして全て自分の想像力によって生み出されたものかのように発表した
こんな女は永久追放でいいでしょw

226 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 23:21:28.60 ID:xSm3E1VB0.net

>>225
内容を読まないで出来レースに加担したんだから、当然の報い。

476 :名無しさん@恐縮です:2018/07/06(金) 15:29:19.66 ID:gV4HVa3l0.net

>>473
ある種の感動を覚える

広告の世界では規制されて久しいし、
テレビの世界でも、ネットの匿名掲示板ですら、
無責任すぎる誇大表現は控えられる時代に、
失われた世界である文壇では、無責任超誇大表現が生き残っていたのだな、と

43 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 04:21:36.03 ID:uxSDMYen0.net

「本を書けるアイドル」をプロデュースして商売しようとした結果がこれ
講談社は電通ごっこをやめろ
真面目に本つくれ

124 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 07:48:29.12 ID:UOR8x2Kz0.net

文壇の人たちは問題点の本質をすり替えるからねえ
結晶物語とかさ

384 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 20:34:54.69 ID:evRG2Azp0.net

正直、芥川賞受賞作ってどうでもいい作品多いし、内省的でオナニー小説
芥川龍之介に失礼だわ

164 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 08:54:20.06 ID:V2WQjS4v0.net

評者も取材などしてないのに「震災の様子がリアル」とか笑わせるw

ま、文学なんて嘘松さん大会だからなwww

378 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 19:59:52.28 ID:uxFU6edQ0.net

モデルから芥川賞作家へ!のシナリオ書いたの誰?
パトロンでもいるのかな

3 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 02:33:13.92 ID:NUn6HXuE0.net

炎上でもしないと話題にもならんしね
次はタレント作家が受賞して盗作疑惑でどうだろう

219 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 19:17:01.44 ID:6T0/0wlj0.net

やっぱりこの感想が秀逸だわ

732 吾輩は名無しである sage 2018/05/23(水) 11:27:21.19 ID:nFDPde/J
『美しい顔』を読んだが、受賞者のことばの「弁明」がすべてだと思った。

震災とモデルをしていた本人の心情を混ぜて、物語を構築している。
作品全体からある種のエネルギーは感じる。文章に疾走感はある。この辺は『ジニのパズル』と同じだ。
主人公サナエと弟ヒロノリの関係も見ていて微笑ましいが、全体として会話の雰囲気や物語の流れ、そしてメッセージはどこかエンタメチックなものだ。

この物語に疾走感をもたらしているのは確かに文体だ。だが、そこに陥穽がある。

東北の沿岸部は東北のなかでも訛りが強い場所で、そうした訛りを用いられないところに違和感があった。著者の想像力の限界もそこにあったのだろう。
こういう厄災を描きたいのなら石牟礼道子の『苦界浄土』のように徹底的に地元の言葉でやる覚悟が必要だった。
そこを徹底させることができなかったから、主人公サナエの思考が「被災地とは別な場所のもの」に留まっている。
著者自身が作品に登場してしまうといってもいいかもしれない。
そこを著者も自覚できているからなのか、被災地の描写がいちいち過剰になる。過剰さでリアリティの欠如を覆い隠そうとしている。
この過剰さに選考委員たちは気づかないはずがないのだが、
被災地など知らない「インテリで都会的な」選考委員たちしかいないので、仕方がないのかもしれない。

313 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 12:55:17.03 ID:ITV/AK0Q0.net

でお前ら読んだか
滅茶苦茶素晴らしかったな
これはノーベル文学賞すら取れるだろう

300 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 12:33:48.32 ID:AMRsQAtZ0.net

講談社から出版されている書籍は原文そのままでも引用しまくっていいってことだろ。
そしてそんな小説でも群像なら新人賞取れますよ、と。
講談社は凋落著しい出版業界に自ら止めを刺そうとしてんだな。

483 :名無しさん@恐縮です:2018/07/06(金) 16:15:29.00 ID:2zvflyWD0.net

>>469
ウソをついて(出版社から参考文献をきいて「わからない」と答えたり)世に出ようとする人って経歴その他諸々もウソをつく可能性が高そう

有名大学の廃止された学部で同窓生が少なそうなところをいうあたり……

131 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 07:59:03.57 ID:IgUhF7Lh0.net

美しい顏の著書、北条裕子(32)

486 :名無しさん@恐縮です:2018/07/06(金) 19:10:58.32 ID:rLzQMWEn0.net

後ろの正面にいたソフト帽の老人は

安ではなくリュークだったんだろうw

257 :名無しさん@恐縮です:2018/07/05(木) 09:07:44.75 ID:Sum3VcMN0.net

>>255
弁護士が言ってたって単なる個人の見解だけどね。
裁判になれば弁護士の言ってる法解釈の主張が認められないのもよくあることだし。

46 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 04:29:01.78 ID:nHqU/AaA0.net

音楽のフレーズをいれた小説ってのはあるな。
もちろんJASRACの許可を取っているマークもついてる。
参考文献も許可がいるんじゃないのかねえ。

199 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 13:37:12.44 ID:SA354swa0.net

選考委員はとんだ赤っ恥だが選考委員には多和田葉子がいたのか。これは多和田にダメージあるな
高橋源一郎は著者が若い女ってだけで褒めるw

24 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 03:36:59.48 ID:InMBHUq/0.net

> 編集部の過失により同作を参考文献として『群像』6月号に掲載していなかったとして謝罪

本当はパクってたけど編集部の過失だったことにしたってところかなって思っちゃう

113 :名無しさん@恐縮です:2018/07/04(水) 07:33:50.80 ID:RQNfRX180.net

これ著者をさらし者にしようっていう高度な嫌がらせじゃないだろうなw本人嫌なんじゃないの

487 :名無しさん@恐縮です:2018/07/06(金) 19:15:28.04 ID:MfL/JP9e0.net

売らんかなの講談社に心ある社員がいるとでも思っているのか

参考になったらSNSでシェアお願いします!

レスを投稿する(名前省略可)

この記事を読んだ方へのおすすめ

Sponsored Link

最近のコメント

コメントはまだありません
ページTOPへ↑